女性の腰痛
多くの人の悩み

腰の痛みの種類は、急性や慢性など種類があり原因も人によって様々です。腰痛ので悩んでいる人の中には、ヘルニアの人もいて手術で改善する場合も少なくありません。最近の手術では、切らずに手術するPLDDという手術法があります。

Read more

良い腫瘍

脳の腫瘍の中でも、髄膜腫は良い腫瘍と言われています。脳を包んでいる膜に発生する腫瘍で、発生する場所によって症状は異なります。内部に発生した場合は、手術が難しく時間がかかります。

Read more

聞きなれない病気

あまり知られていない病気が、髄膜腫です。髄膜腫は脳外科で扱われている腫瘍で、良性の腫瘍の中でも非常に多いとされています。男性に比べ女性に多い腫瘍となっています。

Read more

髄膜腫の治療法

辛い腰痛であるPLDDを治療したいならこのサイトを御覧ください!どのクリニックに行けばいいかすぐにわかりますよ!

髄膜腫と診断されたら

髄膜腫とは脳を覆う硬膜と呼ばれる膜に出来る腫瘍の事です。脳腫瘍の20%が髄膜腫であるという報告があり、脳腫瘍の中では頻度の多い腫瘍と言えます。主な症状は頭痛や吐き気等ですが、圧迫される部位によって手足の麻痺や視力障害、歩行障害等症状は多岐にわたります。一般的に髄膜腫は良性腫瘍が多いので進行は遅く転移も少ない腫瘍としても知られています。髄膜腫は脳ドック等で行なうCTやMRI検査で見つける事が出来ます。早期に発見した場合、治療するタイミングが非常に重要となります。一般的には切除術が行われますが、後遺症のリスクもある為、腫瘍の程度や予後、患者さんの社会的な背景を考慮して総合的に決定します。髄膜腫を指摘されたら今後の治療について主治医と良く相談すると良いでしょう。

どの様な治療法があるか

上述した様に髄膜腫は良性ですが、徐々に進行する為、治療が必要です。主に手術療法と放射線治療が行われます。第一選択は手術療法ですが、主要の部位によって難易度が大きく異なります。手術による後遺症のリスクもあるので手術は慎重に決定する事が必要です。腫瘍がまだ小さく、進行も遅い場合は手術をせずに様子を見る出来るかもしれません。しかし、定期的な経過観察は必要でしょう。また、手術が困難な部位の場合放射線治療を行なうという方法もあります。放射線治療は腫瘍を消失させる事は出来ませんが、小さくさせたり、進行を遅らせる事は可能です。放射線治療には大きく分けて、少ない量の放射線を数週間に分けて照射する方法と、一度に大量の放射線を照射する方法の2種類があります。どちらを選択するかは主治医と良く相談して決める様にしましょう。また、最新の手術法の中には、PLDDと呼ばれるメスを使用しない手術も出てきています。